SDA東京中央教会

SDAとは

名称の由来
「セブンスデー(Seventh Day)」とは、「第7日」という意味で、週の第7日目の安息日を天地創造の記念日として守る教会であることをあらわしています。通常、カレンダーは日曜日から始まっていて、「第7日目」が土曜日です。
旧約聖書の創世記には、神様が6日間で天地を創造され、木々や花々を創られ、生き物を満たし、人間をお創りになったと書かれています。そして、第7日目に、神様はすべての創造されたものを見て満足して休まれました。 こうして、その7日目を「聖なる日」とされ、誰もが神様の下で休息を得る日とされたのです。
今、他の多くの教会では、日曜日に礼拝をおこなっていますが、私たちの教会では、聖書に基づき、この土曜日を安息日として守り、仕事も学校も休んで、教会で礼拝をしております。 →なぜ、日曜日でなく土曜日が安息日なのか?
そして、「アドベンチスト(Adventist)」とは、イエス・キリストの再臨(Advent)を待ち望む人々を意味しています。
今から2千年あまり前、イエス・キリストがお生まれになり、33年半あまり、病める人をいやし、愛を全うされましたが、無実の罪で十字架にかけられました。 それは、すべての人が滅びずに永遠の命を得るためです。そして、新約聖書の黙示録には、イエス様がもう一度来ると約束されたことが書かれています。
聖書主義
セブンスデー・アドベンチスト教会(以下、「アドベンチスト教会」と略)は、聖書主義に立つキリスト教・プロテスタントの教会です。聖書に示されている神の愛による救いを全人類に伝え、その愛を、人々の必要に応えるさまざまな活動を通して実践しようとしています。   
その教えは多くの点において、プロテスタント諸教会と共通しています。 特に宗教改革以来、プロテスタントの教えの中心となっている、聖書を信仰と実践の規準とする立場や、人が救われるのは、信仰のみによるという主張はアドベンチスト教会の最も基本的な教えです。
日本国内での活動
アドベンチスト教会の日本における正式な活動は、1896(明治29)年、ヒルズバーグ大学の学長を辞し、来日したグレンジャー教授によって開始され、現在、100を超える教会と、1万5千人あまりの信徒がいます。
ちなみに、アドベンチスト教会は、異端としてよく挙げられるエホバの証人(ものみの塔)、モルモン教会、統一協会とは一切関係ありません。
世界での活動
アドベンチスト教会は、19世紀前半に北米で起こった再臨運動に端を発し、プロテスタントのメソジスト教会員だったエレン・G・ホワイトが中心になり1863年に教会組織が発足しました。
現在、209の国々で活動しており、信徒数は2000万人を超えています。 特に、近年、識字率が上昇している中南米やアフリカでは信徒数が急速に拡大しています。
証(あかし)の書と聖書研究ガイド
アドベンチスト教会は、証の書(当教団の設立者の一人であるエレン・G・ホワイトが深い洞察力をもって聖書をわかりやすく解説した複数の著作)と、3ヶ月ごとにテーマを決めて発行される世界共通の聖書研究ガイドを持ち、自主的に聖書をくわしく学ぶことができます
毎週土曜日に行われる安息日学校の時間には、聖書研究ガイドを用いて聖書を学んでいます。
(証の書の言葉の例 →  よいサマリヤ人のたとえ  姦淫の女  奴隷から総理大臣へ(ヨセフ物語)