SDA東京中央教会

人生の収穫は品性

SDAとは〜 聖書と証の書の言葉

使徒行伝 2章35節
わたしは、あなたがたもこのように働いて、弱い者を助けなければならないこと、また『受けるよりは与える方が、さいわいである』と言われた主イエスの言葉を記憶しているべきことを、万事について教え示したのである。
マタイによる福音書 25章1〜4節
そこで、天国は、十人のおとめがそれぞれあかりを手にして、花婿を迎えに出て行くのに似ている。その中の五人は思慮が浅く、誤認は思慮深い者であった。思慮の浅い者たちは、あかりは持っていたが、油を用意していなかった。しかし、思慮深い者たちは、自分たちのあかりと一緒に、入れものの中に油を用意していた。
教育 305頁
二種のおとめたちが待っていたことは、救い主を待望すると公言する人びとにも二種あることを示している。彼らは純粋の信仰を表明するので、おとめと呼ばれている。あかりは、神のことばを表している。…油は、聖霊の象徴である。
教育 310頁
たとえの中で、思慮深い女たちは、あかりとともに、器の中に油を持っていた。あかりは、彼女たちが持っていた夜の間、あかあかと燃え続けた。それは、花婿を祝う光を、いよいよ輝かしくしたのである。…そのようにキリストの弟子たちは、世界の暗黒に光を輝かさなければならない。神のことばは、聖霊の働きによってそれを受け入れる人の心を変える光となる。
教育 313、314頁
魂の欠乏を満たすことができるのは、キリストの愛だけである。…自分が与えられていないものを、他に分け与えることは、誰にもできない。…人間も、神の愛が絶えず注がれることによって、光を放つことができる。すべて、信仰によって、神と結合した者の心には、愛という金の油が豊かに流れ込んで、よい行い、神に対する真心からの奉仕となって輝き出るのである。
教育 304頁
キリストを信じる信仰によって、品性のあらゆる欠陥が補われ、あらゆる汚れが清められ、あらゆる欠点が直され、そしてあらゆる美徳が発達させられるのである。
教育 308頁
品性は譲渡することができない。…品性がわかるのは、危機においてである。…今日でも、何か急に予期しない災害とか何か死に当面するようなできごとの時に、神の約束に真の信仰をおいているかどうかがわかるのである。
教育 294頁
美しいものを愛し、美しいものを望むことは正しい。しかし、神はわれわれがまず第一に、最高の美、すなわち滅びることのない美を愛し、これを求めるようにお望みになっている。人の手に成るどんなにすぐれた作品にも、神の御目に「大いなる値」をもつ美しい品性と比較し得るほどの美しさはない。
豊かな人生の秘訣 115頁
人生の収穫は品性である。そして現世と来世における運命は実にこの品性によって決定されるのである。
豊かな人生の秘訣 224頁
高潔で円満な品性というものは、親から遺伝的にうけつぐものではない。また、偶然、ころがりこむものでもない。高潔な品性は、キリストの功績とめぐみによって、人びとが努力することによって得られるものである。神は、タラント、すなわち、精神の能力をお与えになる。そして、わたしたちが、品性を形成するのである。品性は、自己とのきびしい戦いによって形成される。生来の傾向に対しては、争闘に次ぐ争闘をもって当たらなければならない。
豊かな人生の秘訣 266頁
品性を築くことは、人類に任された最もたいせつな働きであって、今日ほどこれについて熱心に研究しなければならない時はかつてなかった。…世は、広い知識をもった人間よりも高貴な品性を備えた人物を必要としている。才能が堅固な原則によって支配された人物を世は求めている。
教育 218頁
われわれが教訓を学び、働きをなしとげ、生まれ変わった品性をもつようになるためには、残されている時間はつかの間にすぎない。